普及センターコーナー

イネ科牧草の特徴を知ろう!

1.はじめに
 近年、自給飼料の品質向上を高める気運が高まっています。
 様々な牧草種がありますが、それぞれの特徴をとらえて、採草、放牧、兼用など利用方法に合った牧草種を選択しましょう。
 今回は普及センターの試験展示圃調査データを活用して草種の特徴を紹介いたします。

3

2.牧草の収量と生育の違い
 牧草の草種毎の生収量を比べてみました(図1)。

1

 チモシーを100%としたときの収量は草種によって大きく異なります。
 特にオーチャードグラスはチモシーの約1.5倍の収量が得られました。
 また、初期生育はイタリアンライグラス、トールフェスク、ベレニアルライグラス、メドウフェスク、オーチャードグラスの順で生育が良く、チモシーは生育に時間がかかる草種ということがわかります(図2)。

2

3.チモシーとオーチャードグラスの出穂時期と刈り取り適期
 牧草の出穂時期は草種とその品種によって1ヶ月以上も異なります(表1)。
 刈り取り適期が異なることを利用し、収穫作業時期を分散することが可能となります。
 また、チモシーは2回刈りに、オーチャードグラスは3回刈りに適しています。
 それぞれの特徴を生かして、草種を選択し草地の利用方法に合わせた対応をしましょう。

4

4.オーチャードグラス主体草地への更新事例
 釧路市音別地区ではチモシー主体に播種されてきました。
 1番草、2番草の収穫時期が早いことから三番草の収穫が行われています。
 しかし、チモシーは多回刈りに弱い草種であり、毎年3回収穫することは、草地を雑草化させる原因となります。
 そこで、音別のTMRセンターでは草地更新時にオーチャードグラス主体でペレニアルライグラス、シロクローバーを播種しました(写真1)。

5

 オーチャードグラス主体とすることで、刈り取り後の再生力が優れ、3回刈りに対応した草地となります。
 普及センターでは様々な種子組み合わせを提案していますので、ご相談下さい。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク