普及センターコーナー

乳質改善はもうかる その2
~乳頭先端の保護~

 乳頭先端が傷むと、菌が容易に乳房内に侵入しやすくなります。
 その結果、乳房炎になるリスクが高くなります。
 乳頭先端を保護し、乳房炎になりにくい管理を心がけましょう。

1.乳が搾られる仕組み
 ミルカーの吸引力のみで搾乳できるのは、乳房内の約4割の乳と言われています。
 残りの6割の乳は、前搾りや乳頭清拭などの乳頭の刺激により、脳から放出されたオキシトシンというホルモンの働きによって、乳房に押し出された乳をミルカーによって吸い出されたものです。

図1 牛乳排出の仕組み

2.乳頭先端を確認しましょう
 乳頭先端の状態を観察することにより、搾乳手順やミルカーが正常に稼働しているかを判断できます。
 最後の一滴まで搾ろうと、ミルカーを掛けすぎていると、乳頭口が開いたり、突出・ひび割れするなど、乳頭先端が傷つきます(写真一)。

写真1 傷んだ乳頭先端

3.乳頭先端の保護対策
(1)ミルカーを掛けすぎない
 オキシトシンは刺激が始まっておおよそ60~90秒後にピークに達し、その4~5分後、オキシトシンの量は徐々に減少します。
 この限られた時間内で搾乳を行わなければ過搾乳となり、乳頭先端の負担は大きくなります。
 前搾りを行わなかったり、搾乳刺激が弱いと、オキシトシンの分泌が少なく、ミルカーの吸引力で無理に搾乳するため、搾乳時間が長くなりやすいです。

図2 搾乳刺激

(2)定期的なライナーゴムの交換
 ライナーゴムを交換時が過ぎても使い続けると、弾力性が低下し、乳頭のマッサージ効果が低下し、過搾乳の原因ともなります。
 メーカー指定の使用回数に従い、定期的な交換をしましょう。

(3)ストレスを与えない
 牛を叩いたり、怒鳴りつけたりして牛に恐怖感を与えたり、不適切な搾乳によって牛が痛みを感じると、オキシトシンの働きが抑制されます。
 その結果、長い時間ミルカーを掛けることになるので、乳頭先端を痛めます。
 次のことに注意しましょう。

  •  怒鳴ったり、棒で叩いたり、足で蹴って、牛を起き上がらせたり、移動させる
  •  牛舎を走り回ったり、大きく手を振る
  •  牛の死角(真後ろ)に立つ
  •  ミルカーの設定真空圧が高すぎる
  •  真空圧の変動の多い搾乳(マシンストリッピング、ライナースリップ、エアをたくさん吸わせての装着)
  •  長時間パーラー待機室に入れておく
  •  搾乳従事者の搾乳作業手順が統一されていない

 内容に関してご不明な点がありましたら、普及センターまでご連絡下さい。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク