普及センターコーナー

『農場の衛生管理』

「細菌・ウイルス」はあらゆるものによって持ち込まれ、時には農場に大きな損害を与えます。
 目に見えない病原体からの汚染リスクを低く抑える最善の手段は日常の衛生管理にあります。
 今回は農場内の衛生対策について考えてみましょう。

1.日常の清掃で消毒効果を高めよう

 一般的には消毒薬の効力は有機物の混入で低下していきます。
 消毒場所が汚れていると、せっかくの消毒薬も役に立ちません。
 消毒は牛舎のホコリや糞などを清掃してから行いましょう。

2.消毒薬を使い分ける

 「うちは消毒薬ちゃんと使っているから安心ヨ」と思っていても、使用場所や菌の種類によっては思ったような効果が得られない場合があります。
 利用する消毒薬の特性を知りましょう。
 特に、ヨーネ菌は細胞膜が厚い脂質で覆われているため、効果があるのは石灰と塩素系と言われています。

表1 消毒薬の効果

消毒のポイント

  • 人・車が通る場所
    農場や牛舎の出入口など
  • 牛が通る場所
    通路、牛床など
  • 牛の口に触れる物
    飼槽、給水器、器具類など

3.衛生管理の事例

 衛生管理の取組を写真で紹介いたします。

1農場出入口の消石灰2牛舎入口に消毒槽3野生動物の侵入防止4換気を良く5牛の口に触れる物をキレイに6通路の消毒

 その他に、糞尿を飼槽側に持ち込まないちょっした気遣いも衛生管理には大切な事です。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク